私たちは世界の人々を健康に導くという信念のもとsuisoniaの力を証明するため水素の研究に日々取り組んでいます。

Medical Life Science Laboratory


「 水素 」とは?

⽔素とは、原⼦番号1 の元素で元素記号は(H)無⾊、無臭で、地球上で最も軽い気体です。
一般的には水素原⼦が2つ結びついた⽔素分⼦(H2)の形を指しています。

「 水素 」は近年、あらゆる分野にて活用されています。

水素エネルギーや水素電池、そして健康関連の分野にも活用されています。

健康維持

疾病予防

スポーツ


では、なぜ「 水素 」が注目されているのでしょうか?

理由の一つとして生活習慣病の原因とも言われている活性酸素をおさえることが出来るといわれているからです。

活性酸素と酸化現象とは?

活性酸素とはカラダを酸化させる物質であり、現代人は多くの外的要因により活性酸素が体内で発生しており活性酸素によってカラダが酸化しています。もともと活性酸素は、体内の異物や毒物を分解する特徴を持っていますが反対に、体内の細胞を傷つけ重要な臓器や細胞、遺伝⼦にダメージを与え、様々な疾病を誘発したり⽼化を早める原因になっています。

クギ等の酸化を例にみるとわかりやすいかと思います。

水素にはすぐれた抗酸化作用がある?!

水素には優れた抗酸化作用があり、最も小さいゆえに脳細胞をはじめとする全てにくまなくいきわたり、活性酸素と反応し無害な水(汗・尿)になるといわれております。実際に水素吸入後はトイレが近くなったりすることも良くあります。

そのため老化防止、疲労回復、血糖値抑制、便秘の改善、脂肪燃焼に効果があるといわれており水素は数年前から医療分野だけでなく、美容・アンチエイジング分野でも活用されています。


吸入というかたちでの水素の取り込み。

現在国内には多くの水素商材がありますが、その中で吸入での取込がもっとも効果的で鼻粘膜からの吸収によることが大きな理由としてあります。
また我が国としても2016年12月には「水素ガス吸入療法」として厚生労働省の先進医療Bとしても認可されおり吸入方法での水素の取り込みが現在注目されております。

サプリメント

消化器官による吸収
(胃や腸など)

水素水

消化器官による吸収
(胃や腸など)

入浴

経⽪による吸収
(⽪膚)

吸入

鼻からの吸収
(鼻粘膜)

わたし達は長年に渡り水素吸入でのカラダに対してのメカニズム解析、臨床研究を続けてまいりました。
研究結果として判明していることは水素濃度が高ければ必ず良い結果が出るというものではありません。大事なのはカラダに自然に、そして鼻粘膜を乾燥させず、実際に使用する機器で根拠のあるデータ・作用がしっかりとある水素を取り入れることです。


MLS研究所からは、suisonia(スイソニア)の臨床データに関する情報や、suisonia (スイソニア) がもたらす新たな発見についての情報を定期的にアップデートしていきます。ご希望の方は、これらの最新情報をあなたのメールへお知らせ致します。