コラム

治療方法の進化により、がんは治る病気になりつつあります。ただし、それでも発見時に広範囲の転移がある場合などは、残念なことですが、治癒が期待できないこともまだまだ少なくありません。

そんなときにはどうすればいいのか? 私はこれまで多くの医師と話をする中で、「もしも末期がんになったらどうしますか?」と何度か尋ねてみたことがあります。

医師の多くはエビデンスで治療法を選択する

医学の世界を含め、この世界にはがんの治療法が非常にたくさんあります。その中で、医学が認めている治療法は主に「手術」と「放射線」「抗がん剤」の3種類です。

この3種類をどう組み合わせればもっとも効果の高い治療ができるのか……医学の世界では常に研究が重ねられており、一番治療成績がいい、とされる治療法は「標準治療」と呼ばれます。

がん患者を治療するとき、医師は基本的にはこの「標準治療」を選択します。もっとも治療効果が高いというエビデンスがあるからです。

一方、治療法の中には「代替療法」と呼ばれるものもあります。「高濃度ビタミンC点滴」や「にんじんジュース」など、その種類は非常に多様で、中にはいかがわしいと感じられるものも少なくありません。

もちろん、一定の効果があるものも見られます。がん治療に詳しい医師を取材した際も「ある人にはとてもよく効いた」というケースはあると聞きました。

だとしたら、そんな情報を持っている医師は自身ががんになったら、どういった治療を選択するのでしょう?

さまざまな医師がいるので、一言では答えられませんが、ほとんどの医師に共通するのは「エビデンス」に基づいて判断する、ということです。

この場合、エビデンスとされるのは論文や広く認められている治療成績、信頼がおける調査などです。標準医療を重視しますが、代替医療であってもエビデンスさえあれば、選択する医師は少なくありません。

がんは緩やかに進行してから急変する

がんの治療法について語る前に、がんという病気の進行具合について知っておいた方がよいでしょう。

がんは通常ゆっくりと進行し、最後だけ急激に悪化します。上記の図表で示した通り、たとえば、余命1年という宣告を受けた人なら、10か月近くは大きな苦痛を感じることなく過ごし、その後、加速度的に体力が低下し、さまざまな不調を抱えるようになるのです。

ただし、これはなにも治療をしないで自然に任せたときの推移です。先ほど触れたとおり、がんには主に「手術」「放射線」「抗がん剤」という3種類の治療法があります。

いずれも身体に負担をかける治療法なので、治療によって負ったダメージから回復するために入院を要することが珍しくありません。

使う薬は限定 分子標的薬は使わない

治療法の中でも、もっともダメージが大きいのが抗がん剤です。そのため、抗がん剤を使うかどうか、はがん患者にとって難しい選択なのです。

ところが、多くの人は何をもとに判断すればいいのかを知らないので、担当医が「使いましょう」と言えばそれに従うことになります。

それでは、全身にがんの転移があることがわかった医師はどうするのでしょう? 結論から言うと、ある薬は使いますが、その他の薬は使いません。

現在、よく使われている抗がん剤には大きく分けると2つの種類があります。一つは分子標的薬などがん細胞を直接たたく薬、もう一つはオプジーボに代表される患者の免疫ががんを破壊するのを支援する薬です。

前者はきつい副作用があることで知られます。がんそのものの害よりも抗がん剤の方が患者に大きな苦痛を与える、とも言われるほどで、嘔吐や全身の倦怠感、発熱、脱毛など、身体へのダメージは多大です。

効果については限定的で、手術などで取り切れなかった小さながんをたたく際には一定の効果を発揮しますが、がんのステージが進んで、全身に転移が広がっている場合には余命を少し伸ばす効果しかない、と言われています。

一方、オプジーボなど免疫に作用する新しい薬は副作用が比較的少ないことで知られます(一部では間質性肺炎などによる死亡例もありますが)。さらに、特筆すべきは末期がんであっても完治する例もあるのです。

そのため、「がんの部位や種類がオプジーボの対象であれば、オプジーボは試してみる」と多くの医師が言います。ただしオプジーボが効くケースは全体の2割程度と言われているので、残念ながら効果が出ないケースの方が多いのです。

余命宣告を受けたら○○を優先する

オプジーボを試してみて効果がない場合にはどうするのか?

私が取材した医師の多くは「治療をしないで、普段通りに過ごす」と答えました。実際、がんになった医師の中に、最期の日々をそうやって過ごす人は少なくないと言います。

仕事をしたり家族と旅行したり……残された時間を普段通りに過ごすことで、悔いることが少ない生き方ができる、と考えるのです。

先ほど解説したとおり、多くの場合、がんは緩やかに進行するので、余命1年と宣告された人の場合なら、10か月程度は特に苦痛を感じたりすることなく、自宅で暮らせることが少なくありません。

分子標的薬などの抗がん剤を使うとそうはいきません。副作用があるため、入院しての投与になることが多く、2か月程度延命できたとしてもその間の大半を病院で、辛い副作用に耐えながら過ごすことになります。

多くの医師はそのことを知っている、もしくはそういった情報を入手する方法を持っています。

そのため、治癒が望めないことがわかると、QOLを最大化するために「末期がんの場合にはオプジーボ以外なにもしない」という選択肢を選ぶのです。

【まとめ】

死と向き合うときに何を選ぶのか、という問題に正解はありません。QOLを最大化できるよう行動する人もいれば、最期まで病と闘う人もいるでしょう。いずれにしろ、その人の人生観と正しい知識に基づいて選ぶことができれば、大きな後悔を感じることなく人生を締めくくれる気がします。

Categories:

Tags: