コラム

新型コロナウイルス感染症対策の1つとして、「抗体検査」の要不要が話題になっています。血液を採って調べることで、感染歴の有無などが判断できる、とされていますが、そもそも、抗体とはいったいなんなのでしょう?

免疫には自然免疫と獲得免疫がある

感染症を予防するためには「免疫力のアップが大切!」と言われます。免疫は健康を守るために人がもともと備え持っている仕組みで、大きく分けると「自然免疫」と「獲得免疫」があります。

【自然免疫】

体内に侵入したり、体内で発生した異物をいち早く見つけて除去する仕組みです。主に異物を食べて処理するマクロファージや好中球、樹状細胞などがこの役割を担っています。

【獲得免疫】

感染した病原体を記憶することで、再度感染した際には効果的に除去する仕組みです。はしかやおたふくかぜにかかったことがある人が、再度感染しないのは獲得免疫が機能しているためです。T細胞やB細胞といったリンパ球がこの役割を担っています。

抗体は獲得免疫の要

2つの免疫系のうち、ウイルス感染の予防や治癒で、重要なはたらきをするのは獲得免疫です。中でもB細胞が作り出す抗体は獲得免疫の要とされています。

抗体は免疫グロブリンと呼ばれるたんぱく質の一種で、異物や細菌、ウイルス、毒素などと結びついて破壊したり、侵入を予防したり他の免疫細胞のはたらきを支援したりします。

抗体は特定の異物(抗原)に対して反応する性質があり、B細胞は新たな抗原の侵入を感知すると、それに合う抗体を作ることで、効率的に排除できる体制を整えます。

多くの感染症について、ワクチンが有効な対策となるのはこの仕組みをうまく利用できるためです。ワクチンにより抗原を体内に送り込むことで、あらかじめ抗体を体内で作って備えることができるため、ウイルスや細菌に感染した際も、早期に侵入した病原体を退治し、回復できるのです。

新型コロナウイルス感染症についても、ワクチンの開発が待望されており、効果のあるワクチンが量産されるようになれば、感染症は終息する、と考えられています。

抗体には5つの種類があり役割が異なる

一口に抗体と呼びますが、実は現在知られているものには5つのタイプがあり、それぞれ違うはたらきを持っています。

IgG:ウイルスなどの病原体や毒素と結びつく力が強い抗体です。血液中にもっともたくさんある抗体で、感染症が治る過程では大切なはたらきをします。

IgA:鼻や喉、目などの粘膜表面に多い抗体で、ウイルスや細菌が体内に侵入するのを防ぐはたらきがあります。

IgM:抗原に接したとき、最初に作られる抗体です。「補体」と呼ばれるたんぱく質と結びついて病原体を破壊します。

IgD:詳しいはたらきは今のところまだわかっていません。

IgE:花粉症などのアレルギー反応と関係が深い抗体です。

ワクチンは感染予防につながりにくいという説も

通常は病原体が体内に入ることで作られる抗体を人為的に作るのがワクチンです。毒性を弱めた病原体をわざと体内に入れて抗体を作り、感染に備えます。

ただ、このワクチンは自然感染に比べ、抗体の産生が弱いケースも見られます。たとえば、インフルエンザに感染した場合、体内ではそのウイルスを退治するIgG抗体や感染を防ぐIgA抗体が大量に作られます。

ところば、現在主流となっている皮下注射タイプのインフルエンザワクチンを接種した場合、産生がうながされるのは主にIgG抗体だけであり、IgA抗体の産生にはつながりません。

そのため、インフルエンザワクチンは感染を防ぐ効果よりも症状の悪化を防ぐ効果や治癒が早まる効果の方が大きいのです。「予防注射をしたのにインフルエンザにかかった」という人が少なくないのはそのためです。

感染を防ぐにはIgA抗体が重要

これまで解説してきた通り、かぜやインフルエンザなど、目や上気道の粘膜から体内に侵入するウイルスの感染症を防ぐためにはIgA抗体を体内で産生しておくことが重要です。

実際に、唾液に含まれるIgA抗体の量と上気道炎(かぜ)との関係を調べた研究では、IgA抗体が少なくなると、感染しやすくなることがわかっています。

そのため、インフルエンザワクチンについても、IgA抗体の産生につながる経鼻ワクチン――鼻からミストを吸い込むワクチンが開発されており、2019年からは国内でも利用されるようになりました。

新型コロナウイルスについても、感染ルートはかぜやインフルエンザと同じと考えられているので、IgA抗体の産生と感染には密接なつながりがある、と考えてよいでしょう。開発が進められているワクチンが皮下接種なのか経鼻なのか、注目されるところです。

そんな中、suisonia蒸気については短時間の吸入でIgA抗体が増えることが立証されています。だから新型コロナウイルス感染の予防効果がある、とは現時点で言うことはできませんが、一つの可能性を感じることはできる効果です。

決定的な予防手段がない感染症に対して、予防につながると思われるさまざまな可能性を積み重ねることには意味がある、と考えてもよいのではないでしょうか?

Categories: