コラム

2011年に発生した東日本大震災から10年が過ぎました。地震やそれに伴う津波で多くの人が犠牲になった大災害を教訓として、その後、避難や備えに対する意識が大きく変わってきました。

ただ、現在のコロナ禍では、感染リスクを避けながら地震の危険を回避する必要があります。従前とは違う工夫や準備について、今回はレポートします。

■コロナ禍の被害について5W1Hを確認しておこう

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が蔓延する中では、地震時の避難においても感染対策が求められます。普段からの備えや考え方、行動などについて、5W1Hを理解しておくと、いざという時に混乱しません。

①Who(誰が)

地震からの避難で大切なのは家族全員の安全です。日中は子供は学校、両親は職場というように離れて過ごすケースも多いので、全員が適切に避難し、後で連絡を取り合えるよう、普段から避難のやり方や連絡の取り方について、時間帯ごとに取り決めておくようにしましょう。

②When(いつ)

災害に対する備えは、発生する前に完了しておく必要があります。その上で、地震が発生したら、その直後から避難を検討してください。「誰かがそのうち指示してくれる」と考えるのではなく、一人一人が状況に合わせて考えることが大切です。

③Where(どこへ)

従来は自治体等が設定している「指定避難場所」が推奨されていましたが、コロナ禍では人が集まると感染のリスクが高くなります。そのため、新たに「親戚や友人の家」「車中泊」などを寝泊まりする場所として検討することが推奨されています。

いきなり知人宅を訪れるのではなく、普段から「もしもの時は頼ってもいいか」確認しておくことが大切です。車中泊を検討する場合は、アウトドア用品などを車に積んでおくと便利です。

④What(なにを)

 防災用に準備しておく物品についてもコロナ禍では工夫が必要です。一般的な防災グッズに加え、感染防御につながるアイテムを備えておきたいところです。マスクはもちろん、避難所では人が密になるので消毒液が欠かせません。

さらに、空間を仕切って飛沫を防げるよう、段ボールを準備するのもおすすめ。体調管理も大切なので、体温計を持っていると関心です。

⑤Why(なぜ)

コロナ禍での避難に特別な準備や配慮が求められるのは、感染拡大を抑える必要が普段に比べても大きいからです。地震でけが人等が大量発生したり、病院が倒壊したりすると、医療事情がひっ迫します。

そうなると、助かる命も助けられなくなってしまうので、これまでに比べても地震への備えが重視されます。

⑥How(どのように)

避難所でどのように過ごすかもコロナ禍で今までと違います。なるべく密を避けるため、できれば屋外で過ごす時間を増やしましょう。また、体温を毎日チェックして、感染の有無を気にかけることも大切です。

たくさんの人がいる避難所では感染リスクを抑えるため、なるべく会話を控え、飲食時以外はマスクを着用します。

■まとめ

東日本大震災以降、災害時の避難についてはさまざまな知見が整理されつつありましたが、コロナ禍により、そんな避難のあり方が大きく変化しました。

地震からの避難と健康を両立できるよう、普段からの準備と知識のアップデートに勤めることが大切です。

Categories: