コラム

がん治療において抗がん剤はよく使われる治療法の一つです。ただし、強い副作用が現れることが多いことから、抗がん剤治療に対する拒否感を持つ人も少なくありません。

抗がん剤の副作用はなぜ起きるのか? その機序を知ることで、水素により軽減できる可能性が見えてきます。

■抗がん剤はがん治療3本柱の一角

がんの治療には主に手術、放射線、抗がん剤の3つを用います。がんの種類や大きさ、状態などにより、それぞれを単独で使ったり、組み合わせて使ったりすることで、もっとも高い治療効果が期待できる、と考えられています。

抗がん剤が単独で用いられるのは、他の治療法が不適なケースです。たとえば、白血病はリンパ球ががん化する病気なので、手術で切除したり、放射線で殺したりすることはできません。

また、がん細胞が全身に転移してしまった場合も、手術や放射線治療には不向きなので、抗がん剤がほとんど唯一の選択肢となります。

手術や放射線治療を行う場合でも、検査では見えていない小さながんがあるかもしれないので、抗がん剤を併用することがあります。手術時にちぎれたがん細胞が転移することも考えられるので、予防的な治療の一環として抗がん剤を使用するのです。

■苦痛が大きく死亡例も 抗がん剤には副作用がつきまとう

効果の大きな抗がん剤ですが、使用には副作用という大きな問題が伴います。最近では新しい薬剤の開発が進み、副作用の少ない抗がん剤が登場していますが、それでも投与すれば、ほぼすべてのケースで副作用が発生します。

副作用の強さはケースごとに異なります。軽症ですむこともありますが、アレルギー反応や強い吐き気、腎機能障害、肺炎など重篤な障害が発生することも珍しくありません。

患者のQOLに関わるのはもちろん、時には死亡にいたるケースもあるため、抗がん剤により腫瘍の縮小が認められているのに、副作用のせいで投与をやめなければならないケースも見られます。

■抗がん剤の副作用はなぜ起きるのか?

抗がん剤の投与で副作用が起きるのは、ある意味必然と言えます。抗がん剤の多くはがん細胞の分裂を阻害したり、血管新生を抑えることでがんの縮小を促したり、死滅させたりするものです。

がん細胞だけでなく正常な細胞に対しても同じように作用するので、たとえば、細胞の分裂を抑える抗がん剤を投与した場合には、身体の中でも細胞分裂が盛んな部位に障害がしばしば発生します。

細胞分裂が盛んな部位には口腔の粘膜や消化管の粘膜、骨髄、毛根などがあるので、副作用として口内炎や下痢、貧血、脱毛などが起きるのです。

また、抗がん剤が作用する際には多くの場合、活性酸素が発生します。細胞に対する毒性が強いヒドロキシル・ラジカルが大量に発生するため、さまざまな臓器が傷害されます。

■水素で副作用を抑えられる

もちろん、そんな副作用を抑える技術も最近ではかなり進歩しています。副作用の少ない抗がん剤の開発が進む一方、吐き気を抑える薬など、副作用を抑える医療も積極的に取り入れられるようになっており、以前に比べると、弊害は小さくなったと言われます。

ただ、それでも副作用の苦痛から治療を断念する患者や副作用のリスクにより治療を続けられなくなる患者はまだまだ少なくありません。

水素にはそんな抗がん剤の副作用を抑える効果がある、と考えられます。副作用の大きな原因と考えられる活性酸素を効果的に無毒化できるためです。

抗がん剤の副作用を抑える水素の効果についてはすでに、さまざまな研究成果が報告されていますが、たとえばシスプラチンを投与したマウスの腎毒性を改善できた、とする研究結果が国内で発表されています。

シスプラチンはさまざまな腫瘍の治療に使われる抗がん剤ですが、強い腎毒性があります。水素水を飲用させたマウスではこの腎毒性の低下が見られたほか、酸化ストレスや死亡率、体重の減少率も抑制された、と報告されました。

この実験では、水素を吸入することで、腫瘍に対する効果は損なわれませんでした。マウスにおける実験ではありますが、水素を摂取すれば効能を保ったまま抗がん剤の副作用を抑えられる可能性が示されたのです。

■まとめ

がん治療における抗がん剤の使用については専門の医師の間でも賛否さまざまな意見があります。ただ、副作用を抑えられれば、効果の高い抗がん剤をより有効に使うことが可能なので、水素の吸入というオプションを利用すれば、新たな利用法が考えられるかもしれません。

Categories: