自粛解除で心配される心と脳の問題を予防するために

Medical Life Science Laboratory

緊急事態宣言が解除され、求められていた自粛が段階的に緩和される中、心配されているのが心の問題です。在宅勤務から通常の勤務に切り替わるなど、生活が大きく変わることで、心のバランスを崩す人が増えています。

◆自粛解除で増えている心の問題

もともと、自粛が続く中では「人と会えない」「外出できない」といった規制によるストレスから、うつ状態に陥る人が増加しました。ただ、5月21日に緊急事態宣言が解除されて以降は、自粛のレベルが地域ごとにステップを踏んで引き下げられ、6月19日には県をまたいでの移動が解禁されるなど、もとの生活に戻りつつあります。

自粛によるストレスが減少し、「コロナうつ」など心の問題を訴える人も減りそうなものですが、専門家の間では自粛解除を機に心を病む人が増える、と考えられています。

うつ病や抑うつ状態、統合失調症といった心の問題を発症する人が一気に増加する、と予想する専門家が多く、今後、「withコロナ」の暮らしが続く中で、大きな問題となりそうです。

背景にあるのは生活の大きな変化です。生活の変化はストレスをともないます。特に、心の問題を抱える人には非常に大きなストレスになるため、精神的なバランスを崩す要因になりがちなのです。

◆心の問題は脳に原因がある

しばしば間違って認識されていますが、「心の問題」は個人の甘えや考え方の問題によって起きるものではありません。心の病気は脳という臓器に異変が起きることで発症します。

つまり、胃潰瘍になって胃が痛むのと同じ。ストレスを受けると胃が痛くなる人がいるのと同じく、うつになったり統合失調症を発症してしまったりする人がいるのです。

少し詳しく説明すると、人の脳を構成する神経細胞はセロトニンやドパミン、エンドルフィンなどの神経伝達物質を媒介として、信号を伝えています。

私たちは必要に応じて、適切な量の神経伝達物質を適切な部位で分泌し、受容することで信号をうまく伝えて、心のバランスを保っているのです。

ところが、過剰なストレスを受けると、神経伝達物質を適切に分泌・受容できなくなってしまいます。一時的な問題であればよいのですが、その状態が慢性的に続くと、回復が難しい深刻な問題が脳に生じてしまうのです。

人の脳にはそれぞれ遺伝的な特徴があり、ストレスを受けても神経伝達物質のバランスが崩れにくい人もいれば、同じレベルのストレスで脳に不可逆的な問題が生じてしまう人もいます。

うつ病や統合失調症などの精神疾患に一定の遺伝性があるのはそのためです。遺伝的な要因以外にも、環境や性格、ストレスといった要素が関係することで、心の病気の多くは発症します。

◆積極的なストレス解消で心の問題を予防

緊急事態宣言解除を皮切りに、今後はさまざまな生活の変化を多くの人が否応なく経験することになると思われます。「在宅勤務→満員電車での通勤が必要な通常勤務」といった変化がストレスをもたらすことは織り込む必要があります。

さらには第二波が襲来すれば、また在宅勤務に戻されるかもしれませんし、いよいよ職を失う人も増えるでしょう。そんな激動の中で心のバランスを保つためには日常からストレスの解消に努めることが大切です。

効果的なストレス解消の取り組みは主に5つあります。

①睡眠

脳は睡眠中、ストレスによってもたらされたダメージを修復します。ですから、ストレスの影響を軽減するためには、良質な睡眠を十分にとることが欠かせません。

②運動

運動には心のバランスを保つのに必要な神経伝達物質の分泌をうながすはたらきがあります。やる気につながるセロトニンやストレスをやわらげるエンドルフィンなどがしっかり分泌されることで、トラブルに負けないよう、心身の状態を整えられます。

③食事

 うつ病と密接なつながりがあるセロトニンはトリプトファンという物質から作られます。食事によって、外から取り込む必要があるので、トリプトファンを多く含む食品を積極的にとることは心のバランスを保つ上で大切です。具体的には赤身肉や青魚、ナチュラルチーズなどに多く含まれます。

④適度な飲酒

スペインで行われた調査によると、適度な量のお酒を飲む人はうつ病を発症するリスクが低いことが分かっています。この研究で特に高い効果が見られたのはワインでした。

⑤水素の摂取

水素には心を司る大脳にはたらきかける作用があります。安眠や食欲の増進など、他の予防策の効果を高めるはたらきもあるので、心のバランスを保つのに役立つと考えられます。

いずれも、問題が起きる前に予防的に取り組むことで、より大きな効果が期待できる対策です。「withコロナ」の時代をより健康に生き抜くためには、そういった心の問題を予防する取り組みも大切です。

 

No Comments

Add your comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。