コロナ禍の中、初めてとなる大学入学共通テストが実施されました。これから私立大学や国公立大学の試験が相次ぎ、受験生にとっては勝負の時期です。

受験の成否は主に学力で決まりますが、試験で実力を発揮するためには健康を維持することも非常に重要です。受験生にとって水素の摂取が助けになる可能性について、この記事では考えてみます。

■心身の健康維持は合格の大きなカギ

受験で実力を発揮するためには心身をなるべくベストに近い状態に保つ必要がありますが、受験シーズンにおける受験生の環境は苛烈です。

受験生の環境を厳しくしているのは気候および受験回数でしょう。1~3月は寒さの厳しい時期であり、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が毎年流行します。

筆者は医学部予備校を取材したことがありますが、10校以上受験するのが一般的、とのことでした。全国の大学を受験して回る生徒もいるので、移動や宿泊が大きな負担になります。

また、細心の注意を払っていても、毎年のように生徒の一部がインフルエンザに感染して大あわてするそうです。症状によっては試験を受けることが難しいのはもちろん、治った後も心身を100%の状態に戻すのには時間がかかります。

心身が疲弊し、ストレスにさらされていると、脳のはたらきが低下します。集中力や記憶力が低下するため、普段なら解ける問題を間違えたり、余計に時間がかかってしまったり、ということになりかねません。

受験で成功を収めるためには、逆境を乗り越えて、心身をなるべく100%に近い状態に保つ必要があるのです。

■ストレス、疲労、コロナ……実力発揮を阻む健康上の問題

受験期の受験生が心身の健康を維持するのは容易ではありません。先ほど触れたように、健康を害する要因が環境の中にいくつもあるからです。

勉強のしすぎによる疲労はもちろん、移動や慣れないホテル宿泊によるストレス、試験に対する不安や緊張。その影響による不眠や食欲不振が重なれば、容易に健康状態は悪化します。

厳しい寒さも影響します。体調を崩しやすくなるだけでなく、新型コロナウイルスやインフルエンザ、ノロといったウイルスには寒くて乾燥した環境下ほど感染力が維持されやすいという特徴があるためです。

寒さや疲労により体力が低下すると、免疫力が低下します。感染力の高いウイルスに被曝すると、容易に感染し発症してしまうのです。

■ストレスの軽減、免疫力の維持……水素に期待できる効果とは

水素にはそういった問題を軽減する効果が期待できます。これまで、何度も解説してきた通り、水素にはストレスを軽減する作用があります。水素を摂取することで、ストレス関係ホルモンが減少することなどが複数の研究で報告されているのです。

受験生にとっては水素を摂取することで、不安やイライラの軽減や不眠、食欲不振といったストレスからくる現象の軽減が期待できます。

免疫力の調節も水素における著名な作用です。水素を摂取することで、免疫の状態がよくなることはやはり複数の研究により立証されています。

低下しがちな免疫力を効果的に維持するのは容易ではありません。新型コロナウイルス感染症やインフルエンザ、ノロなど、さまざまな感染症が心配される中、水素がもたらす効果には大きな意味がある、と言えます。

■ATP産生の促進による脳機能の向上

水素が受験生にとって強い味方になる可能性として、ATP産生の促進をあげることができます。人を含む生命体はATPという物質の代謝によりエネルギーを得て活動しています。

心臓を動かすのにも歩くのにも、食べたものを消化するのにも、このATPが使われます。ものを考えたり記憶したり、という脳の活動もATPによるものです。ATPが十分に供給されることで、脳は高いパフォーマンスを発揮できるのです。

そんなATPは細胞の中にある小器官、ミトコンドリアによって産生されます。糖質などから産生されるのですが、その際には水素が使われるので、体外から水素を摂取することにより、効率的にATPを産生できるようになります。

つまり、水素を吸入することで、脳の機能向上が期待できるのです。具体的な効果については今後の研究が待たれるところですが、集中力や思考力、記憶力などがアップすることが考えられます。

また、最近では人が感じる疲労についても身体的な問題ではなく脳が疲労していることがわかってきました。脳を偏って使うことで、自律神経のバランスが崩れ、疲労を感じるのです。

脳が必要とするATPの産生が促進されることで、脳疲労を改善できれば、過剰な勉強や試験の連続などによる疲労を軽減することができる、と考えられます。

■水素摂取における唯一の問題は「眠気」

受験生にとってメリットが大きな水素摂取ですが、ただ一つだけ問題があります。それは眠気を感じるケースがあること。水素を摂取することで、多くの人が「寝付きがよくなった」「安眠できる」といった効果を実感するようです。

睡眠時間を削って、夜遅くまで追い込みをかけたい受験生にとって、眠気がマイナスにはたらくケースもあると思われるので、夜は使わないなど、使用方法を工夫する必要があるかもしれません。

「受験のストレスで眠れないのが悩み」という人には有効なので、使い分けることが大切です。

■まとめ

健康の維持は受験における大きな課題の一つです。水素には心身が受ける負荷の軽減や感染症のリスク抑制、脳機能アップといった効果が期待できるので、受験生にとっては試す価値の大きなアイテムと言えます。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です