水素の発生方法は主に2種類!

水素の発生方法としては大きく分けて2種類あり、【1電気分解による発生方法と【2過熱蒸気還元法による水素発生方法があります。

1. 電気分解法

水(H 2O)にプラスとマイナスの電極を入れて電気を流すことによって、水素(H)と酸素(O 2)に分解し、水素と酸素両方を生成する方法です。非常にシンプルなプロセスであるため、安価に作ることができ、高濃度の水素を発生させることができると言う利点があります。

2. 過熱蒸気還元法

水蒸気(H 2O)を作り出し、600℃から750℃に熱を加えられた特殊な還元剤に接触させることにより、水(H 2O)から酸素(O)を取り除き、水素(H)を作り出します。このプロセスでは多くのエネルギーを必要とするが、酸素を水から物理的に取り除くため、余分に酸素分子が生成されません。水素と水蒸気を同時に生成することで、水素を水蒸気に含ませ、吸入の際は鼻粘膜の乾燥を避けられると言う利点があります。

私たちは、過熱蒸気還元法から生成される「水素を含む水蒸気」について研究しています

・基礎研究データによる効能メカニズムの解析や解明

・国内/海外での医療機関にて実地された臨床研究によるエビデンスの蓄積

MLS 研究所からの「アップデート」

MLS研究所から臨床データに関する情報や、新たな発見についての情報を定期的にアップデートしていきます。ご希望の方は、これらの最新情報をあなたのメールへお知らせ致します。